冤罪を回避するには

近年、以前にも増して出会い系サイトが摘発されているのはご存知でしょうか。
それがなぜかというと、未成年者が金品目的の「援助交際」を行っており、それが児童ポルノとしての違反や、児童買春として扱われているからです。

 

近頃の10代の女性は、以前よりもずっとファッションなどにお金をかけるようになっています。
しかし、お金は有限。アルバイトで稼ぐにも限界はあります。
とすると、どうするか。
未成年であるにもかかわらず成年だと偽り、年齢確認をしない悪質な出会い系サイトに登録し、男性を誘惑するという行為に出るわけです。

 

それ以外にも、新しく「神待ち」という行為も増加していました。
神待ちとは、食事代などを出してくれる男性を神様に見立て、そんな人を募集しています、というものです。
一般的な援助交際よりもずっと安価なので、これに手を出して援交を成立させてしまう男性も少なくはないのです。

 

児童ポルノ関係の法律がどうの、と騒がれている昨今、これらに対する目も当然厳しさを増しています。
そうして摘発されていくわけですが、このとき摘発されるのはサイトだけじゃありません。
児童買春行為を成立させている男性会員も、当然ながら検挙されることになります。

 

本人に自覚がないパターンが多いから怖いのです。
後で、そんなつもりではなかった、騙されていた、と主張してもあとの祭りです。
児童ポルノの加害者、援助交際の張本人、とあっては、社会的な地位がどうなるかは明白ですね。

 

そんなことにならないためにも、年齢確認をきちんと行っている優良な出会い系サイトの使用を強く勧めます。
例を挙げると、「ワクワクメール」や「ハッピーメール」などです。
悪質な出会い系サイトに引っかからないよう、ご注意ください。

ホーム RSS購読