神待ちで援助交際

「援助交際」という単語。
その意味はいまさら語るまでもありませんが、簡単に説明すると、未成年者と性的な(もしくはそれに準ずる)交渉を持ち、その見返りとして金銭や物品のやリとりが存在する、という関係ですね。
たいていの男性にとって、この単語は他人事であり、かつ忌むべきものとしてのイメージがあるでしょう。
しかし、これはすでに他人ごとではありません。
コミュニケーションの手段がどんどん便利になっている今の世の中、無意識にこの「援助交際」に手が染まっているパターンが存在しているのです。

 

というのは、未成年者が成年だと偽って出会い系サイトに登録する事例が急増しているからなのです。
もちろん、身分証明などで年齢確認をする優良な出会い系サイトであればそのようなことも起こらないのですが、悪質なところだとそのまま登録を許可してしまうのです。
LINEなどのコミュニケーションツールは未成年者でも普通に使えてしまうので、それを用いたパターンもあるようです。

 

「援助交際」や「援交」では響きが悪くなっているので、「神待ち」という名称が増えているのも原因の一つです。
どこかで聞いたことのある単語だと思います。
神待ちとは、宿泊代、もしくは食事代など最低限の費用を受け持ってくれる男性を募集している家出少女のことを指します。
相手をしてくれる男性を「神」と呼ぶので、神待ちという名称がつかわれているのです。
この神待ちの特徴は、「援助交際よりも費用が安く済む」ことです。
そのため手を出してしまう男性が急増しているのですが、相手が未成年者であればもちろん犯罪になりますし、むしろ家出少女が主な対象なので、犯罪になる確率がきわめて高いのです。

 

いざ警察に検挙されてからその事実を知る、という男性も多いのです。
しかし、その時に主張してももう遅いのです。
こういったことにならないためにも、ぜひ優良出会い系サイトである「ワクワクメール」もしくは「ハッピーメール」などを使うようにしましょう。

ホーム RSS購読