LINEでの援助交際

LINEが援助交際の温床となっている事実があるのをご存じでしょうか。
LINEは18歳未満の異性とも出会えるチャンスがあるツールとなり、それが原因で児童買春の罪で逮捕される人も少なくありません。

 

援助交際が行われる舞台が、徐々に変化しつつあります。
以前は、悪質な出会い系サイトが台頭していました。その時代のことは、皆さんもご存じのことと思います。
しかし、児童ポルノのことが騒がれる昨今、その方面で厳しい規制に乗り出した警察は、児童関係の面からもそういった悪質な出会い系サイトを駆逐していきました。
そうして、表面上は数を減らしたように見せています。
しかし、悪質な出会い系サイトというのは、法の目をかいくぐって今でも現存し、未成年をあえて登録許可しながら、男性会員を騙そうとしているのです。

 

更に、大きく舞台を変え、「LINE」などの無料なコミュニケーションツールを利用した援助交際も激増してきました。
現在では、悪質な売春の温床とも言われています。
皆さんは、そういったところで騙され、未成年と性的な接触を持ってはいけません。

 

今更説明するまでもないことですが、「援助交際」は、性的な同意年齢に達していない18歳未満の未成年と、性的な接触を持った時点で成立するものです。
相手が年齢を偽り、成年だとしていても、これは成立するのです。注意しなくてはいけません。

 

これは決して、テレビの中だけの話ではないのです。
もとはドラマじみていた話ですが、徐々に現実、そして皆さんにとって身近な事例になってきているのです。
もし未成年に手を出してしまったらどうなるか。
刑罰はもちろん、社会的な信用は失墜することでしょう。
それからの生活は困難を極めることになります。

 

皆さんがこのリスクを回避しつつ女性と出会いを持つためには、年齢確認、身元証明を隙なく実施している出会い系サイトを利用すべきです。

ホーム RSS購読